遺産相続に関するご相談は,遺産相続弁護士が無料で相談を受付けております。是非ご相談してみて下さいね。

遺産相続に関する調査

遺産相続を始めるにあたっては、調査しなくてはならないことがあります。

しっかりとした調査なくしてはスムーズな手続きは出来ないといっても過言ではありません。


ではどのような調査が必要なのかを紹介していきたいと思います。


まずは相続人の調査が必要になります。

誰が法定相続人になっているかを確認するためには、被相続人(故人)の出生から死亡した日までが記載されてある「戸籍謄本」などを取得します。

被相続人に、別に認知した子供がいるとか、前妻との間に子供がいることなどが考えられますので、自分たちだけの判断で法定相続人を決定することは非常に危険です。


遺産相続弁護士に、法定相続人の調査を依頼することがベストだと考えます。


続いて財産の調査が不可欠です。

被相続人の財産には、プラスの財産と、場合によってはマイナスの財産があります。

借金をしていたなどでマイナスの財産を残すほか、所得税、住民税、固定資産税など必要な納税が行われていない場合も、相続人に納付義務が相続されますので、やはり専門家による調査が必要と思われます。


また財産の評価も必要でしょう。

家や不動産の価値がどの程度のものであるか、きちんと調査をしませんと、その後の相続の方法も変わってくると思います。


法定相続人全員が納得の遺産相続をするために、まずは「調査をする」ということが必要です。

必要な調査については、専門家である遺産相続 弁護士へ手続き代行を依頼することをお勧めします。


【専門家に依頼する理由】

────────────────────────

遺産相続の手続きに関する相談・お問い合せは弁護士に依頼しましょう。

相続の手続きは専門的な知識が必要になる場合が多く、また複雑です。

不必要なトラブルにしないためにも是非ご検討下さい。


メニューリスト
お役立ちリンク
更新履歴

2014年2月13日


遺留分減殺請求を編集しました。


2014年2月13日


管理者の日記を追加しました。


2014年2月13日


トップページを編集しました。